ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月07日

オルテガとニューベル:来季のバイエルンのバックアップGKは?

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 移籍初年度となった今シーズン、僅か4試合のみの出場にとどまったアレクサンダー・ニューベルは、これからしばらくの間バイエルン・ミュンヘンを後にする可能性がある。昨夏にフリートランスファーにて加入したバックアッパーには現在、レンタル移籍の成立が近づいているところだ。

 その中で有力視されている移籍先が共に仏1部リーグアンの2クラブ、元バイエルン指揮官ニコ・コヴァチ監督率いるASモナコと、マイク・メニャンがACミランへ旅立ったオリンピック・リールだ。両クラブともにチャンピオンズリーグへと出場する機会を提供できる可能性があるが、ただしモナコに関してはまず予選を突破しなくてはならない。

 バイエルン側として今回のレンタルに応じられる条件としては、2年間と見られるレンタル期間の中で培ったプレースタイルが、その後に復帰した時にバイエルンの中で活かせるというものであり、またニューベル不在の間のバックアッパーを競技面、財政面の両面でマッチした条件で見出さなくてはならないということだ。

 おそらくこの条件を満たしている選手の1人が、アルミニア・ビーレフェルトとの契約を2022年まで残す、シュテファン・オルテガだろう。今季は昇格組としての残留劇に貢献した28歳のベテランGKとは長期に渡りコンタクトをとっており、500万ユーロと言われる固定された移籍金も特に障害になることはないだろう。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報