ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月14日

ハノーファー、バイエルンのアルプに関心

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ハンブルガーSVから、2019年にバイエルン・ミュンヘンへと渡ったヤン=フィーテ・アルプ。今季はトップチームではなく、セカンドチームでのプレーを選択した21才のFWは、3部30試合に出場し5得点2アシストをマーク。

 だがそれでもバイエルンでにおける将来性は「確実に」持っているとのことで、「でもそれは僕次第でもあるけどね。このまま成長していければ、ここでの将来性も見えてくると思う。目標はトップチームに爪痕を残すことだ。そのために加入したのだから」と意気込みをみせた。

 しかしながらその将来性を実際に、バイエルンで見出すことは困難だろう。そんな21歳の若手FWに対して、室屋成が所属するブンデス2部ハノーファー96が関心を示しているところだ。なおバイエルンとアルプとの契約は2024年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報