ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月18日

バイエルン、ライプツィヒからトップメラー、ツェンブロート両ACを招聘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りバイエルン・ミュンヘンは、今夏に招聘したユリアン・ナーゲルスマン監督とともに、クサーヴァー・ツェンブロート、ディノ・トップメラー両ACについても共に、RBライプツィヒから迎え入れることを発表した。ただし両クラブによって金曜日に行われた発表では、ライプツィヒ側が求めていたとされる20万ユーロの移籍金など、詳しい情報は特に明かされてはいない。
 
 元ストライカーで、クラウス・トップメラー氏を父にもつディノ・トップメラー氏(40)は、2020年夏にベルギーのREヴィルトンよりライプツィヒへと加入。ツェンブロート氏(50)もほぼ同時期にレヴァークーゼンから加入しており、またバイエルンでは既にビデオ担当、ベンヤミン・グリュック氏の就任も発表。一方でライプツィヒでは昨日、アヒム・バイアーロルツァー氏のAC就任が発表されたばかりだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報