ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月20日

バイエルン、国内外注目の逸材ビショフを、再びホッフェンハイムから獲得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 あと8日で16歳の誕生日を迎える、TSGホッフェンハイムのトム・ビショフ。だがすでに欧州サッカー界から熱視線が送られる逸材であり、イングランドやイタリアのクラブとの接触が伝えられ、また国内でもバイエルン、ドルトムント、ライプツィヒなど強豪クラブが獲得を目指しているところだ。とりわけバイエルンとライプツィヒに関しては、ビショフは競技面や金銭面に関する見通しも既に情報を得ているという。

 アシャフェンブルクに生まれ、6年前にTSVアモルバッハからTSGホッフェンハイムに加入したドイツU16代表MFは、まだ小柄でフィジカル面では改善が求められることにはなるものの、卓越したテクニックと高い理解度が評価されており、2022年まで契約を残すホッフェンハイムでの長期残留を信じるメディアは、そうない。特にバイエルンは昨夏にもホッフェンハイムから、期待の若手アルミンド・ジープを獲得しているが、それにビショフもそれに続くのか?それとも・・・?

ゼンクバイル、ヴュルツブルクのテスト生として参加

 その一方でバイエルン・ミュンヘンのセカンドチームのキリアン・ゼンクバイルが、テスト生としてブンデス3部へと降格したヴュルツブルガー・キッカースに参加。22歳の守備的プレーヤーは、中でも右サイドでも起用が可能であり、すでにカールブルクやホレンバッハとのテストマッチにも出場している。バイエルンとの契約は今月いっぱいまで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報