ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月24日

レーヴ監督、ムシアラを初ベンチ入り。サネを初先発起用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ルーカス・クロスターマン、ヨナス・ホフマンに加え、この日は初めてクリスチャン・ギュンターが、ドイツ代表チームのメンバーから外れた。代わりにジャマル・ムシアラがユーロ初のベンチ入りを果たしている。ここ2試合ではメンバー外となっていた18歳のドリブラーと共に、膝の負傷が伝えられていたトーマス・ミュラーも、この日はベンチ入り。

 ただし先発メンバーからは外れており、代わりに起用されたのはリロイ・サネ。試合開始前に、この判断について問われた指揮官じゃ「リロイはこのチャンスにきっと燃えているだろう」と述べ、「練習では良いリズムをみせている」ところであり、ここまでベンチスタートだったことに「少し肩を落としていた」ようだが、「その力を発揮できれば、彼はワールドクラスのプレーヤーなんだ」と期待感を示している。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報