ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月28日

バイエルン、GKホフマンの東京五輪参加にNO

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本来ならばドイツU21代表シュテファン・クンツ監督は、バイエルン・ミュンヘンのセカンドチームを主戦場とする、ロン=トルベン・ホフマンを東京五輪の代表メンバーへと加えたい考えだったものの、残念ながらバイエルン側からの了承は得られなかったようだ。

 その理由となったのが、7月7日より開始される準備機関中の、ゴールキーパー陣における事情がある。現在ユーロに参加中の主将マヌエル・ノイアーは休暇中となり、ニュルンベルクからレンタルで復帰するクリスチャン・フリュヒトルは負傷のため離脱中、それはセカンドチーム要員のルーカス・シュネラーについても同様だ。

 特に今夏のU21欧州選手権では直前の負傷で代表参加を逃し、さらに五輪参加を「そうなれば非常に名誉なことだよ」と強調していたホフマンだったが、これによりその道は絶たれたことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報