ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月05日

ライプツィヒと合意、ウパメカノがバイエルンで初日から参加。

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 無事にRBライプツィヒとの契約を解消したダヨ・ウパメカノは、最終的にバイエルン・ミュンヘンでの練習初日から参加を果たすことができた。

 当初ドイツの大衆紙ビルトが報じkickerでも確認済みの情報によれば、本来ライプツィヒとはコロナによる延期を踏まえ、契約期間が7月15日にまで設定されていたもののそれが解消。

 そのためこの夏に例外条項を活用する形で、移籍金4250万ユーロを投じて獲得していたフランス人センターバックが、新天地となるドイツ王者のトレーニング再開日から早速、ゼーベナー通りで汗を流す姿が見受けられるようになっている。

ライプツィヒ、U19の監督に元ブンデス2部監督を招聘


 その一方でライプツィヒはこれまで空位となっていた、U19の指揮官へとダニエル・マイアー監督を招聘した。41歳の指揮官は最近ではブラウンシュヴァイクにて指揮をとっており、それ以前はアウエでも監督を務めている人物。

 今回の決断について、「近年、私は自分たちのユースと、それを導くためのプロの間で仕事をすることの重要性を学んだ」と説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報