ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月08日

フュルトのライトル監督、バイエルンのファインへの関心を認める

グロイター・フュルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ昇格組としての戦いを控え、グロイター・フュルトのシュテファン・ライトル監督は、kickerとのインタビューの中で「我々は明らかにリーグ争いにおけるアンダードッグだよ」と強調。ただそれでも有利な点も少なからずあると見ており、「ブンデスリーガでは、そこまでマンツーマンのディフェンスをしてくるわけではない。チームとしてむしろやりやすい場面も出てくることだろう。そこからの打開については、2部では常に解決策を見出さなくてはいけなかったんだ」と語った。

 ただいずれにしても奮闘を演じていくためには、何よりも個々の選手たちによる成長が必要不可欠であり、「セグイン、グリーン、イッテル、ティルマン、ルヴェリングといった、若手選手がステップアップする可能性があるよ」とコメント。それと同時に「ホルゴタやニールセンといった経験豊富な選手たちは、ブンデスの戦いにおいてそのリーダーシップを発揮しなければならない」とも要求した。

 その一方でライトル監督は、この夏の移籍市場において更なる動きへと出ることにも期待感を示しており、最近ではバイエルンからPSVへとレンタル移籍していた、アドリアン・ファインへの関心が伝えられているところ。このことについて指揮官は、「確かに非常に興味深い選手であり、うちにフィットして、確実に補強となる選手だろうね」との評価を述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報