ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月22日

ファン・ハール氏、オランダ代表監督3度目の就任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 既報通りルイ・ファン・ハール氏が、オランダ代表監督へと復帰した。すでにオランダサッカー協会の関係者はTV局NOSに対して、すでに契約はほぼ確定済みであることを明らかにしており、水曜夜に正式な発表がなされている。

 69歳となったファン・ハール氏は、すでに2000年から2001年にかけて、そして2012年から2014年にかけてオランダ代表監督を務めており、今回は自身にとって3度目のオランダ代表監督就任ということに。

 そしてアシスタントには、2012年から2015年までアシスタントコーチとして、その後の2年間は自らも監督として、オランダ代表に従事していたダニー・ブリント氏が就任する。

 もう1人のアシスタントコーチには、ヘンク・フレイザー氏が就任することになるのだが、ただこちらについては引き続き、スパルタ・ロッテルダムの監督も続けていくことになるという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報