ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月03日

バイエルン、ドイツ杯初戦の相手からコロナ感染確認。試合は延期へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日に予定されていたドイツ杯一回戦、ブンデス5部相当ブレーマーSVとバイエルン・ミュンヘンによる一戦が、急遽中止となった。火曜日の朝にブレーマー側の選手から、コロナ陽性反応が確認されていたことは明らかとなっていたが、クラブ側によればその後に受けたPCR検査の結果で更なる感染が確認されたという。

 これによりブレーマーSVは隔離を余儀なくされ、そのため金曜夜に予定されていた試合は延期。ヴァルネッケ会長は「ドイツサッカー連盟の衛生コンセプトを、当初から細心の注意をはらい実行しており、各ミーティングの前には定期的にPCR検査なども行ってきたのだが。」と説明。

 「ただ残念なことにここ数日のうちに感染が確認されてしまった。他の選手への感染も完全に否定できる状況ではない」と述べ、「我々にとって選手、そして対戦相手の選手についても健康が何よりも最優先されるべきであり、そのため保険当局による隔離の支持は正当であると同時に、必要なものであると考えている」と言葉を続けている。

 なおドイツサッカー連盟側は延期された日程について、「できるだけ早く両クラブと協議の上で決定する」と説明。これにより今季よりバイエルンの指揮官へと就任した、ユリアン・ナーゲルスマン監督の最初の公式戦は、さらに1週間延び、メンヒェングラードバッハとのブンデス開幕戦までお預けとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報