ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月05日

ライプツィヒ主将サビッツァが延長オファーに断り、今夏移籍の流れへ

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏にRBライプツィヒは、長年に渡りチームを支え続け、現在は主将を務めるマルセル・サビッツァと、道を分かつことになるかもしれない。クラブ側は契約最終年度に入っているオーストリア代表MFに対して、クラブ側が現状のサラリー維持での延長オファーを提示しているものの、すでに選手側から断りが入れられている模様。

 特にRBライプツィヒもまたコロナ・パンデミックにより、財務打撃を被っていることを踏まえれば、サラリーアップという判断はおそらくは問題外であり、また来夏での無償放出の考えもないことから、そのため必然的にサビッツァはこの夏の売却候補ということになる。

 なおその移籍先候補の1つとしてこれまでに浮上してきた、前指揮官ユリアン・ナーゲルスマン監督が就任したバイエルン・ミュンヘンについては、今のところはまだサビッツァの獲得の可能性について、特にまだ真剣に協議を行っているということではないようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報