ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月12日

バイエルンはサビッツァに関心?トリッソは条件次第で売却も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまでにも今夏の移籍市場では、バイエルン・ミュンヘンがRBライプツィヒの主将、マルセル・サビッツァへと関心を抱いているという情報は流れて続けてきた。しかしながらkickerが得た情報によれば、バイエルンのクラブ首脳陣の中では、まだ獲得に向け全会一致とまでは意見が統一されていない模様。

 会見に出席したナーゲルスマン監督は、昨季まで指導したオーストリア代表MFについて「とてもよく知っている」とだけ述べており、そしてバイエルンが引き続き市場に目を向けているということだけを明かしている。

 その一方でコランタン・トリッソについては、2018年に十字靭帯を断裂し、さらに腱断裂もあってバックアップに甘んじる日々を過ごしており、そんなフランス代表MFを4150万ユーロで購入する意思をみせれば、バイエルンも応じる用意があるようだが、ただ今のところはまだそのような需要は訪れていない。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報