ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月23日

バイエルン、ジョシュア・キミヒと2025年まで延長

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは月曜午前、2023年まで残されていたジョシュア・キミヒとの契約を、前倒しする形で2025年まで更新したことを発表した。「契約延長の一番の理由は、ここバイエルンで日々喜びと情熱をもって自分を追求していけるからなんだ」と語ったドイツ代表MFは、「それにここでは全てを手にする可能性をもったチームがあり、その上そのチームメイトの多くと真の友情を育んできた。それこそが僕がサッカーをはじめた理由。楽しくないと。まだ自分はこれから成長していく選手だと思っているし、バイエルンでは多くのことが可能だとも思っている。それに家族も快適に過ごしてて、いまや第二の故郷だ。これほどのパッケージは、世界中どこを探しても見当たるものではない」と言葉を続けている。

 一方でサリハミジッチSDは「今回の延長は国内外への明確な1つのシグナル」と位置付けており、「我々は長期的にトッププレーヤーと契約を結びたいと思っている。キミヒは今後数年間、バイエルンの主力としてその素晴らしいクオリティを発揮し、歴史を刻んでいくことだろう。卓越したメンタリティをもった世界的選手であり、バイエルンを代表する選手だ」と評価。シュトゥットガルトでの6年を経て2013年にライプツィヒ、そして2015年にバイエルンへと渡った同選手は、これまでブンデス通算173試合に出場して17得点、CL53試合に出場して10得点をマーク。ブンデス6度、ドイツ杯3度、CLも1度優勝を果たしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報