ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月25日

ドイツ代表、フリック監督初指名は金曜に延期。ミュラーは指名に「準備OK」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟は火曜日に、今季最初の代表戦期間にむけた代表メンバーの発表を、「組織上の理由」により本来の木曜日から、金曜日へとスライドすることを発表した。ドイツ代表はフリック新体制の下。9月2日にザンクト・ガレンにて行われるリヒテンシュタイン戦を皮切りに、5日にはシュトゥットガルトにてアルメニア戦、さらに8日にはレイキャビクにてアイスランド戦が控えているところ。

 そこでカタールワールドカップ出場にむけた予選を闘うことになるのだが、その一員として戦えることを、トーマス・ミュラーも期待。「もちろん電話で話したりもしたし、個人的にも良好な関係は築いているよ。でも代表指名に関する話はしていないけど」と、スポンサーミーティングの中で語った31歳は、「基本的には自分の意思は示している。もし招聘してくれるなら、その準備はできているよ」と意気込みをみせた。
 
 昨季にそのフリック監督とともに六冠を達成したミュラーは、今春にその活躍もあってドイツ代表へと久々に復帰。今夏のユーロ2020でも主力としてプレー、全4試合に出場したものの、ゴールネットを揺らすには至らず、自身もkicker採点平均3.83と制裁を欠き、イングランド代表へ16強で敗戦を喫している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報