ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月01日

フリック監督の初陣直前、ノイアーとミュラーが最終調整不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日の木曜日からハンジ・フリック新代表監督の下、本格的に始動するドイツ代表。そのリヒテンシュタインとの初陣を前にして、主将のマヌエル・ノイアーとトーマス・ミュラーが、最終調整への参加を見合わせていた。そのためザンクト・ガレンにて行われるこのワールドカップ予選では、2人の主力不在で臨むということになる。

 ノイアーに関しては以前より、足首の負傷に悩まされていたのに対して、ミュラーについては新たに内転勤へと問題を抱えているところ。そのため水曜日の最終調整への参加を見合わせており、ノイアーの代役としてはフランクフルトのケヴィン・トラップかアーセナルのベルント・レノが控えているところ。またミュラーが担当するオフェンス面については、フリック監督には数多くの選択肢が手元にある状況だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報