ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月10日

ジェローム・ボアテング、元恋人への危害で180万ユーロの罰金

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ミュンヘン地方裁判所は、この夏までバイエルン・ミュンヘンに所属していた元ドイツ代表DF、ジェローム・ボアテングに対して、意図的に身体的危害と侮辱を与えた罪により、罰金の支払いを命じる判決を下した。

 ミュンヘン地方裁判所では、3年前のにカリブ海での休暇中に、当時のパートナーでありこの日に共同原告として出廷した双子の娘(10歳)の母親に対して、意図的に身体的危害と侮辱を与えたことが実証されたと判断。一方でボアテング自身は、このことを否定していた。

 裁判所はボアテングに対し、1日3万ユーロの罰金を合計60回。総額180万ユーロ(約2億3400万ユーロ)の罰金を言い渡しており、このように日々に課せられるものとしては最高刑となる。なお検察側は1年半の執行猶予付き判決と、150万ユーロの罰金を要求していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報