ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月15日

『バルサ・キラー』ミュラー、「バルサ相手のゴールは格別」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜に行われたチャンピオンズリーグ注目の一戦、FCバルセロナとのアウェイ戦にてバイエルン・ミュンヘンは、立ち上がりで苦しむ場面も見受けられたものの、最終的にはロベルト・レヴァンドフスキのドッペルパックなどにより、3−0とカンプノウにて白星スタートを切ることに成功した。

 試合後アマゾンプライムとのインタビューに応じた、トーマス・ミュラーはその転機となる前に右サイドでみられた矛盾点について指摘した上で、「前半の途中から、僕たちはどんどん良くなっていって、良い形でボールを奪う場面が何度か見られるようになっていったよ」とコメント。

 そして昨日に32歳となった自分自身に対して、1日遅れのバースデープレゼントなる、この日の決勝点であり先制点にもなった値千金のゴールをマーク。これでバルサ戦では通算7得点を決めるなど、改めてその天敵ぶりを発揮してみせた。「ここでプレーするのは楽しいし、勝利も嬉しい」と喜びをみせたドイツ代表MFは、「バルサ戦相手だからね、ゴールは格別だよ」と喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報