ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月23日

バイエルン、3人のウィングが欠場する可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には7−0と大勝を収めたVfLボーフム戦に続き、再び昇格組グロイター・フュルトとの一戦に臨むことになる、バイエルン・ミュンヘン。だがこの試合ではウィングの起用に頭を悩ませることになるかもしれない。

 いずれにしても心臓の手術を受けた、キングスレイ・コマンはこの試合での欠場が確定済みであり、またジャマル・ムシアラも不参加となる可能性が高い。同選手は月曜日の練習中、マルク・ロカとの対人戦で足首の関節胞を損傷。現在は治療を受けており、むしろ水曜日のCLディナモ・キエフ戦での復帰が見込まれているところだ。

 また風邪のために水曜日の参加を見合わせたセルゲ・ニャブリについても疑問符が着くところであり、ウィングのオプションは最近調子を上げてきたリロイ・サネのみ。とはいえオールラウンダーのマルセル・サビッツァは、ライプツィヒ時代にウィングでプレーしており、実際に先日のボーフム戦ではサネに代わってプレー。

 またエリック=マキシム・シュポ=モティングもオプションに。トーマス・ミュラーについても同様のことが言えるだろうが、ただレヴァンドフスキの背後でトップ下としてプレーすることになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報