ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月01日

ロイス、テル=シュテーゲン、ギンターらがドイツ代表復帰、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かにこの日の代表選手指名の際にも、ドイツ代表ハンジ・フリック監督は「最初の1歩には満足している」と強調したように、初陣となった前回の代表戦期間では3試合連続無失点で3連勝を果たした。ただそれでも今回の代表戦機関では入れ替えを余儀なくされることは明白であり、マフムード・ダフード、イルカイ・ギュンドアン、さらに先日にはロビン・ゴセンスが重傷を負い3ヶ月の離脱に入ることが明らかに。「我々にとっても痛恨の極みだ。彼の姿勢やプロ意識はチームへ非常に好影響をもたらすもの」とコメント。

 なおそのゴセンスやリードル・バクーとと入れ替わる形で、マティアス・ギンターが復帰を果たしたが、マッツ・フメルスが見送られた理由については「彼が万全の時にどれほどの力を発揮するか、それは誰もが知るところであり、彼と電話で話をして万全とするため、休日を利用することを2人で決めた」と説明。また同じくドルトムントのダフード、そしてマンチェスターCのギュンドアンと離脱が続いた中盤については、「十分なクオリティがある」と胸を張るように、前回負傷により参加が見送られたマルコ・ロイス、そして序盤で離脱したトーマス・ミュラーが加わっている。


GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)、ベルント・レノ(アーセナル)、マーク=アンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)

DF:マティアス・ギンター(グラードバッハ)、ティロ・ケーラー(パリSG)、ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)、ダヴィド・ラウム(ホッフェンハイム)、アントニオ・リュディガー(チェルシー)、ニコ・シュロッターベック(フライブルク)、ニクラス・ズーレ(バイエルン)

MF/FW:カリム・アデイェミ(ザルツブルク)、セルゲ・ニャブリ(バイエルン)、レオン・ゴレツカ(バイエルン)、カイ・ハヴェルツ(チェルシー)、ヨナス・ホフマン(グラードバッハ)、ジョシュア・キミヒ(バイエルン)、トーマス・ミュラー(バイエルン)、ジャマル・ムシアラ(バイエルン)、フロリアン・ノイハウス(グラードバッハ)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、リロイ・サネ(バイエルン)、ティモ・ヴェルナー(チェルシー)、フロリアン・ノイハウス(グラードバッハ)、フロリアン・ヴィルツ(レヴァーゼン)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報