ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月12日

ドイツ代表:歴代最年少得点ランキング

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜夜に開催されたワールドカップ予選、北マケドニア戦でのダメ押し弾となった、ジャマル・ムシアラの代表初得点はドイツ代表の歴史に刻まれるゴールとなった。以下、歴代のドイツ代表選手による、最年少得点記録上位選手たちを、一覧で振り返って行こう。

【15位:アンドレ・シュールレ】20歳204日
(vsウルグアイ、2011年5月29日)

【14位:フランツ・ベッケンバウアー】
20歳193日(vsオランダ、1966年3月23日)

【12位:トーマス・ベルトルト】20歳169日
(vsチェコスロバキア、1985年4月30日)

【12位:フィリップ・ラーム】20歳169日
(vsルーマニア、2004年4月28日)

【11位:オラフ・トン】20歳146日
(vsデンマーク、1986年9月24日)

【10位:ベルント・シュスター】20歳143日
(vsポーランド、1980年5月13日)

【9位:カイ・ハヴェルツ】20歳120日
(vsアルゼンチン、2019年10月9日)

【8位:ウリ・ヘーネス】20歳84日
(vsハンガリー、1972年3月29日)

【7位:ユリアン・ドラクスラー】19歳255日
(vs米国、2013年6月2日)

【6位:カリム・アデイェミ】19歳230日
(vsアルメニア、2021年9月5日)

【5位:ルーカス・ポドルスキ】19歳200日
(vsタイ、2004年12月21日)

【4位:マリオ・ゲッツェ】19歳68日
(vsブラジル、2011年8月10日)

【2位:クラウス・シュトゥーマー】19歳68日
(vsフランス、1954年10月16日)

【1位:ジャマル・ムシアラ】18歳227日(vs北マケドニア、2021年10月11日)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報