ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月16日

ナーゲルスマン監督、裁判所出廷翌日のCLも「エルナンデスは起用予定」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日にバイエルン・ミュンヘンのリュカ・エルナンデスは、2019年12月に出された接触禁止令に違反したとして6ヶ月の実刑判決を受けことについて、CLベンフィカ戦の前日にマドリードの裁判所から出廷命令を受けたことが報じられたが、ただユリアン・ナーゲルスマン監督は週末に控えるブンデスリーガ首位攻防戦、レヴァークーゼン戦に向けて影響が出るとは特に考えていないという。

 金曜日に出席したプレスカンファレンスにて、指揮官は「もしも私が新聞を目にしていなかったら、特に気に留めるようなこともなかっただろうね。つまり彼はごく普通に振る舞っており、今日もとても良いトレーニングをみせていたよ」との印象をコメント。そのため裁判所の出廷翌日となるベンフィカ戦に向けても「普通に戦力としてみているし、体調面で問題なければプレーするだろうね」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報