ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月19日

バイエルン、ゴレツカとデイヴィースがCLベンフィカ戦を欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは明日夜の控えるチャンピオンズリーグGL第3節ベンフィカ・リスボン戦において、レオン・ゴレツカとアルフォンソ・デイヴィースの2選手を欠いて臨むことを余儀なくされた。

 ゴレツカは風邪を患っていることをユリアン・ナーゲルスマン監督が明かしており、日曜に行われたレヴァークーゼン戦にてハーフタイムで交代していたドイツ代表MFは、「プレーできる状態にはない」という。そのため代役候補として今夏加入のマルセル・サビッツァを「選択肢の1つ」として考えていることを認めた。
 
 またそのレヴァークーゼン戦の前半に交代を余儀なくされていたデイヴィースについては、「特に組織的な損傷があったわけではなく、むしろ疲労の兆候がみられた」とのこと。そのため大怪我へのリスクを回避する意味も含めて、「3〜4日は休養を与えるために自宅で待機させることにした」と明かしている。

 とりわけ年内最後の代表戦期間となる11月まで、バイエルン・ミュンヘンなどではタイトな日程が続くことからも、指揮官はデイヴィースらの負荷について注意を払っていきたいと考えており、そのため大腿裏に問題を抱えていたカナダ代表の代役としてヨシプ・スタニシッチが、水曜夜に自身2度目となるCLの舞台へ立つことになるだろう。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報