ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月21日

バイエルン、風邪のためナーゲルスマン監督がCLベンフィカ戦不在に

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜夜に開催されたチャンピオンズリーグGL第3節ベンフィカ・リスボン戦では、バイエルン・ミュンヘンはユリアン・ナーゲルスマン監督不在の中で、臨むことを余儀なくされた。

 クラブ側より発表されたところでは、同監督は「残念なことに、風のためにベンチに座ることができません」とのこと。代役はアシスタントのツェンブロート、トップメラー両氏が務める。

 「全ては話し合われているし、昨日もユリアンとは全てを調整済みだ。」とトップメラー氏は、試合開始前にDAZNに対してコメント。またナーゲルスマン監督はホテルの部屋から試合を観戦し、ハーフタイムには「連絡をとる」ことも明らかにされた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報