ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月21日

バイエルン、ナーゲルスマン監督がコロナ感染

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜に行われたチャンピオンズリーグGL第3節ベンフィカ・リスボン戦では、体調不良のためにホテルの部屋から観戦していた、バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督。木曜日にはクラブ側から同氏が、新型コロナウィルスへと感染していることが発表された。なおすでにワクチンは接種済みだったという。

 なお今回の試合ではアシスタントのディノ・トップメラー氏が、ホテルにいたナーゲルスマン監督とも連絡を取りながら指揮。そしてこれからは、チームとは別の飛行機でミュンヘンへと戻り、そして隔離生活へと入るとのこと。バイエルンの次戦は土曜日の午後(日本時間22時半)、相手はナーゲルスマン監督の古巣TSGホッフェンハイムだ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報