ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月24日

ワクチン未接種のジョシュア・キミヒ「個人的に少し不安がある」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンの選手の中で、ジョシュア・キミヒがワクチン接種を受けていない選手であることが明らかとなったが、同選手は土曜日に行われたホッフェンハイム戦での勝利後、TV局スカイとのインタビューの中でこのことについての発言を行なった。

…ワクチン接種を受けていないことについて:「僕個人がまだ長期的研究が行われていないということに対して、不安を覚えているというのは確かなことだ。ただそれでも僕は自分の責任ということをしっかりと理解しているし、当然のことながら対策も徹底している。バイエルンではワクチンを接種していない選手は、2・3日に一度は検査を受けるようになっているんだ。」

…ワクチン接種による他者との問題、ゴレツカとの共同企画「We Kick Corona」キャンペーンについて:「衛生管理を徹底して、検査もしっかりと受けるということ。そして「We Kick Corona」の目的は慈善団体や非営利団体の支援を行い、コロナによって苦境に立たされた人たちを支援するということ。ユニセフに寄付をし、ワクチンを提供している。それはワクチンの入手困難な国があるということだったから。あくまで僕はその人自身が決断するものだと思うし、それを決断した人がいればワクチン接種を受けられるよう、全力を尽くすべきだと思ったからだ。僕は決してコロナ否定派でもワクチン否定派でもない。ワクチンを撃たなければ直ぐにそういうレッテルを貼られる流れは残念に思う。様々な状況下の中で、それぞれが不安を感じている。僕としては対策を徹底している限り、そのことは尊重されるべきものだと思うよ。」

…「ワクチン接種は周囲を守るという意味もある」という声について:「そういった側面も理解した上で、でももう一方の側面としてその後に検査を受けなくなることが多く、確率が高くはないにしても感染する可能性もあるということ。そういった余裕がなくなってきている人も少なくはないし、一方で僕は恵まれていてバイエルンが全額を負担してくれている。もちろんそれがなくなれば、自分で検査を受けるよ。絶対にワクチンを打たないと決めているわけではないけど、抵抗をまだ感じていることもまた事実。近いうちに接種する可能性も十分にあると思うよ。ただ社会では特に理由なども聞かずにレッテルを貼る傾向があり、むしろプレッシャーを与えてることの方が多いと思うね」

…多くのファンが2G条件下で感染する中、未接種でプレーすることついて:「他の職業のことは僕にはよくわからないけど、ここでは常に空気は新鮮な状態だし、2・3日に一度は検査を受けているんだ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報