ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月25日

バイエルンファン、カタール航空とのスポンサー契約打ち切りを要望

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日にプレミアリーグではサウジアラビアからのニューカッスル・ユナイテッドの買収が発表された一方で、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンのファンの間では逆に、その中東よりカタール航空とのスポンサー契約に対する反対の動きが強まりをみせているところ。11月に開催予定となっている年次総会に向けて、バイエルンがカタール航空とのスポンサー契約の継続を見送るよう、ファンからの要望が届けられたのだ。

 2022年にワールドカップを開催するカタールでは、その一方で大規模な人権侵害が伝えられているところであり、スポーツ界における汚職問題についても深刻な疑惑があると、批判的なサポーターたちは声明の中で発表。これまでバイエルンでは権力者との対話があってのみ、変革は達成されていくものだと主張して続けてきたが、発起人で、2007年よりバイエルンの会員であるミヒャエル・オット氏は、むしろ「国有企業との協力により、そういった文句の声から目を逸らさせ、近代的なイメージを広めるための手伝いを積極的に行なっている。」と指摘している。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報