ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月27日

リュカ・エルナンデス、実刑判決を免れる

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 もしもユリアン・ナーゲルスマン監督が感じていたことが真実であるとするならば、おそらくはリュカ・エルナンデスのこの結果を得られるという確信を覚えていたのだろう。昨日火曜日に指揮官は「彼がプレッシャーを感じている様子はない」と明かしていたが、その翌日となった水曜日、スペインでの実刑判決から免れたことが明らかとなっている。

 当時の恋人で、現在の妻とのトラブルから接触禁止令を受けながらも、それに従わなかったとして2019年に半年間の実刑判決を受けていた同選手。本来ならばドイツ杯2回戦ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦の翌日から、刑期は開始される予定となっていた。

 しかしながらマドリードの地方裁判所は、フランス代表DFからの控訴を支持。代わりに4年間の執行猶予付きで、さらに1日あたり400ユーロの罰金をを240回、つまり合計9万6000ユーロの罰金が課せられることになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報