ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月31日

ウニオン戦で快勝のバイエルン、エルナンデスが「膝下を強打」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦では、5−2と快勝をおさめることに成功したバイエルン・ミュンヘン。ドイツ杯2回戦でのグラードバッハによる歴史的大敗劇にリアクションをみせた格好だが、しかしながらその中でリュカ・エルナンデスが負傷を抱えてしまった。

 「エルナンデスは膝下に打撲を強打してしまい、プレーを続行することができなかったんだ」と、ユリアン・ナーゲルスマン監督の代わりに暫定監督を務めた、ディノ・トップメラーACが試合後にコメント。

 どれほどの度合いであるかなど、負傷に関する詳しい情報は特に明かされることはなかったが、ただ来週の火曜日に控えるチャンピオンズリーグGL第4節ベンフィカ戦については、「彼が再び参加できることを願っている」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報