ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月03日

バイエルン、ナーゲルスマン監督が再びベンチ入り

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督は、新型コロナウィルスからの回復が確認されたために、火曜夜に控えるチャンピオンズリーグGL第4節、ベンフィカ・リスボン戦より再びベンチ入りすることが可能となった。ウォーミングアップからの指揮がクラブ側より明かされている。

 2週間前に行われたベンフィカとの1stレグの直前に、コロナ感染が確認され隔離を余儀なくされていた同氏は、「苛立ちに苛まれるようなことがあったわけではない。もっと大変な場合があるんだ」と前置きしつつ、「ただおかしな気分だったし、こういったことは不慣れだったね。監督としてその場にいたいと思うものだ」とコメント。

 そして今回の復帰戦ではぜひ、チャンピオンズリーグGL突破をこのベンフィカ戦で確定させることへ意気込みをみせたが、ただ実際にたとえドローとなったもバイエルンは、この試合で16強入りを2試合残して決定づける可能性もある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報