ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月10日

バイエルン、ズーレのコロナ感染受け、シュポ=モティングも隔離へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニクラス・ズーレのコロナ感染の確認は、さらなる事態の拡大をみせている。所属するバイエルン・ミュンヘンの同僚、エリック=マキシム・シュポ=モティングもまた、隔離へと入ることが明らかとなった。

 これは火曜午後にバイエルンが発表したものであり、声明によればジョシュア・キミヒ、ジャマル・ムシアラ、セルゲ・ニャブリのみならず、元カメルーン代表FWも隔離されるとのこと。 「彼らはズーレとの接触がありました」

 なおドイツ代表からはさらに上記3選手に加え、ザルツブルクのカリム・アデイェミも代表から離脱して隔離に入っている一方、対策を講じることで残ることになった別の4選手については名前、さらにワクチンの接種の有無による判断かなど、特に詳しいことは今のところは明かされていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報