ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月13日

「意欲的なドイツ代表」の象徴、リロイ・サネ

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われたワールドカップ予選リヒテンシュタイン戦では、ドイツ代表は9−0と歴史的大勝劇を演じることに成功した。試合後、フリック監督は「意欲、試合の臨む姿勢が、いかなる場面でも見受けられた」と選手たちを称賛。特にその「意欲的」という点で象徴的存在となっているのが、リロイ・サネだろう。開幕当初はバイエルンの一部ファンからブーイングを浴びる存在だった同選手だが、その後のリヒテンシュタイン戦にてみせた精力的なプレーから逆に拍手喝采を受けており、それが転機となったかクラブ、代表でも活躍を継続している。

 フリック監督は決して特定の選手を名指しすることをよしとはしない指揮官だが、しかしながら木曜の試合で2得点を決めた「リロイはここ数週間にわたっていかに素晴らしい選手であるかを実証している。その軽快さや精力性はなかなかみられるものではない」とコメント。「特に気に入っているのはボールを追いかける意欲。良い成長だよ」と目を細めた。「チームメイトやファンたちとの連携という部分もあるだろう。ヴォルフスブルク、シュトゥットガルト、ハンブルクの試合でそれは見受けられたものだよ」


【ドイツ代表歴代最多得失点差での勝利 】

2006年9月6日、ユーロ予選:13−0(6−0)vsサンマリノ

1940年9月1日、練習試合:13−0(8−0)vsフィンランド

1969年5月21日、W杯予選:12−0(7−0)vsキプロス

2021年11月11日、W杯予選:9−0(2−0)vsリヒテンシュタイン

2019年8月4日、五輪:9−1(4−0)vsルクセンブルク

1996年6月4日、練習試合:9−1(4−0)vsリヒテンシュタイン

1934年3月11日、W杯予選:9−1(5−1)vsルクセンブルク

2016年11月11日、W杯予選:8−0(3−0)vsサンマリノ

2002年6月1日、W杯:8−0(5−0)vsサウジ・アラビア

1981年11月18日、W杯予選:8−0(5−0)vsアルバニア

1980年2月27日、ユーロ予選:8−0(3−0)vsマルタ

1937年5月16日、練習試合:8−0(4−0)vsデンマーク 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報