ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月18日

キミヒ、私生活での濃厚接触の可能性で欠場の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日に行われるFCアウグスブルク戦では、バイエルン・ミュンヘンはジョシュア・キミヒを欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。ワクチン未接種の同選手が木曜朝に練習不参加となった理由について、ナーゲルスマン監督は「私生活においてコロナ観戦の疑いがある人物との接触があった」とコメント。「まだ確定となっているわけではなく、そのPCR検査の結果を待っている状況だ」と語った。

 そのためバイエルンは今季、ここまでブンデス11試合全てに先発出場してきたドイツ代表MFを欠いて試合に臨む可能性があり、また木曜日にカナダ代表から復帰するアルフォンソ・デイヴィースについても、「通常通りにアウグスブルクへと帯同することにはなるが、ここのところの負担を考慮して先発しない可能性が高い」とのこと。一方で筋肉系の問題で練習不参加だったキングスレイ・コマンについては、「念の為の措置」を強調しつつ、「非常にスピードがある選手だから、少し慎重に判断しないとね」と述べている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報