ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月02日

ESM月間最優秀イレブン:レヴァンドフスキが最多得票

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ロベルト・レヴァンドフスキが常にその名を連ねているのは、ポーランド代表だけでも、バイエルン・ミュンヘンだけでもない。ヨーロッパの13スポーツメディアが加盟する「European Sports Media」が選出する、ESM月間最優秀イレブンにおいても同様。常に名を連ねているだけでなく、9月に続いて11月も最多得票を獲得しているのだ(13票中10票)。

 ただブンデスリーガからは唯一の選出ということに。一方でストライカーの一員として見た場合には、ヴィニシウス・ジュニオール(6票)、カリム・ベンゼマ(5票)、モハメド・サラー(5票)を含む、4人のうちの1人。数の面でも、投票数という面でも、今回はFWがMFを圧倒する結果となった。

【11月】

ティボー・クルトワ(レアル)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(アーセナル)
ジョアン・カンセロ(マンチェスターC)
マルキーニョス(パリSG)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)
ベルナルド・シウバ(マンチェスターC)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスターC)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
カリム・ベンゼマ(レアル)
モハメド・サラー(リヴァプール)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報