ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月15日

ナーゲルスマン監督、ニャブリ独壇場と前半戦優勝は、バス車内で盛大に。

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に生まれ故郷シュトゥットガルトにて行われたブンデスリーガ第16節にて、セルゲ・ニャブリは全5得点に直接絡む大活躍を披露。まず前半40分にバイエルンへと貴重な先制点をもたらしてチームに勢いを与えると、今度は後半開始明けに追い討ちとなる追加点も決めてみせる。その後はロベルト・レヴァンドフスキへと2度お膳立てをみせ、最後は自らハットトリックで今回の独り舞台の終幕を飾ってみせたのだ。

 2019年のトッテナム選以来となる5スコアポイント(その時は4得点1アシスト)に、ナーゲルスマン監督は当然ながら賛辞を贈っており、「彼は素晴らしい選手だよ、今はまだ背中の問題を抱え、出場機会は制限されているにも関わらずね。今日はとてもよくやってくれた。」とコメント。そしてニャブリの独壇場と前半戦の優勝を、「バスにはいつも、たくさんのビールが用意されているのさ(笑」と帰りのバスの社内で盛大に祝うことも冗談混じりで宣言した。「ただ私は膀胱が強くなくて、バスのトイレにもあまりいきたくないので、向こうに近づくまではお酒は飲めないけどね(笑」
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報