ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月11日

キングスレイ・コマン、バイエルンと延長へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 キングスレイ・コマンはこのままバイエルン・ミュンヘンとの契約を、さらに更新して長期間プレーし続けていく可能性が高い。

 仏紙レ・キップが封じたようにコマンは、近日中にミュンヘンにて新たな契約にサインする見通しであり、年俸は大幅に改善がなされ、おそらくは2026年までの更新されることになるはずだ。なお現在の契約は2023年まで。

 その一方でコマンは月曜日には、引き続き個別調整にて戦列復帰を目指しているところであり、今のところは具体的な復帰時期については明かされていない。

 2020年にはチャンピオンズリーグ決勝にて優勝弾を決めたフランス代表ウィンガーは、これまでバイエルンでの6年半で200試合あまりに出場し、リーグ優勝6回、46得点、52アシストをマーク。

 ただ幾度となく負傷に苦しめられてきており、今季は軽い心臓の手術を受けて1ヶ月ほど離脱していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報