ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月14日

バイエルン、ニクラス・ズーレに延長をオファー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たしてニクラス・ズーレは、来季も引き続きバイエルン・ミュンヘンでプレーし続けていくのだろうか?2週間ほど前からドイツ代表DFに対しては、契約満了を迎える夏の移籍に向けて交渉へと臨む許可が与えられており、そのためバイエルンでは延長か、フリーで手放すかに注目が寄せられているところ。

 そしてナーゲルスマン監督が金曜日に明かしているように、ズーレに対してはすでにバイエルンからの延長オファーは手元に届いているが、「まだサインを交わしたわけではない」とのこと。指揮官によれば「この契約状況で、こういった選手が市場に出てくることは滅多にない」ことから、「多くのクラブが彼に関心を持っており、彼はきっと話し合いを行なっていることだろう」と考えている。

 その一方でバイエルンでは、コランタン・トリッソについても、この夏で契約満了を迎えることになり、ズーレと同様にかつて移籍金4000万ユーロを投じて迎えたフランス人MFについても、このままいけば夏にフリーで手放すことになるのだが、ただこちらの状況はズーレとは少し異なり、契約延長のオファーをこれから手にするため、膝の問題でゴレツカが数週間の離脱に入るこの機会を利用し、延長に向けたアピールを展開していきたいところだ。

韓国からイ・ヒョンジュをレンタル


 その一方でバイエルンのセカンドチームは、韓国のポハン・スティーラースから、イ・ヒョンジュを1年の期限付きで獲得した。買取オプションつき。ユース担当のザウアー氏は、「バティスタ・マイヤーの移籍に伴う、アマチュアの選手枠の穴埋めができた」と説明。「敏捷性とスプリントスピード」に良いものがある18歳については、「テスト練習で納得できたので契約を決定した」と説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報