ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年02月13日

バイエルン、考えられるズーレの穴埋め策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニクラス・ズーレは今シーズン限りでバイエルン・ミュンヘンを後にすることになるが、果たしてクラブ側はどういった対応をみせてくるのだろうか?まず1つ考えられる策としては、ベンジャマン・パヴァールのCB起用だろう。2018年にW杯を制したフランス代表は、通常は4バックの右SBか3バックの右側へと配置。ただ本人はCBを好んでいる模様。ただその場合は代わりに右SBの獲得も行う必要がでてくることだろうが、ただバイエルンからみてSBの獲得よりもむしろ、CBの獲得の方がよりやりやすい選択肢だ。

 またバイエルンではダヨ・ウパメカノ、リュカ・エルナンデス、タンギー・クアッシのフランス人3CBが控えており、昨夏に獲得したウパメカノはここのところ安定感と信頼感が増し、エルナンデスもまだ改善の余地があるとはいえ、プレー面が向上。ただクアッシについては度々離脱がある上に、思わぬミスを露呈することがある。つまりこれにもう1人のフランス人(パヴァール)を加え、クアッシを起用頻度の高いバックアップとして起用する策は有効といえるかどうか。

 そういった思惑からも新戦力獲得へ目を向けることは、むしろ自然な流れだといえそうだ。特にドイツ代表からアントニオ・リュディガーがズーレと同様、フリートランスファーにて獲得可能な状況であり、その食らいつくプレースタイルは求める選手像にマッチした選手だといえそうだ。ただチェルシー所属の28歳は、あまりに高額なサラリーを要求しているとも言われる。

 その他、同じくチェルシーのアンドレアス・クリステンセン(フリー)やユベントスのマタイス・デ・リフト、ドイツ代表のマティアス・ギンター(28:フリー、グラードバッハ)やニコ・シュロッターベック(22:フライブルク)については、クラブ首脳陣はそこまでの確信を得られていないようで、特に資金投入となったら高確率で補強となる選手を求めたいが、その分だけ高額になるというジレンマもある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報