ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年02月24日

バイエルン、コマンがチーム練習復帰。ノイアーは順調な回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 引き続き人事面にて悩まされている、バイエルン・ミュンヘン。ユリアン・ナーゲルスマン監督は、土曜日に控えるアイントラハト・フランクフルト戦(日本時間26時半、スカパー!で放送)にて、またしても選手のやりくりに頭を悩ませることだろう。

 トーマス・ミュラーは1年ぶりに再びコロナ感染が確認されており、来週火曜日から復帰の見込みとなっていることから欠場が確定。コランタン・トリッソも先日のフュルト戦にて筋損傷を抱えたために3週間の離脱。一方でチャンピオンズリーグ16強1stレグ、ザルツブルク戦にてふくらはぎを負傷していた、キングスレイ・コマンは水曜日にチーム練習復帰を果たした。

 また2月6日に内側半月板の手術を受けたマヌエル・ノイアーはランニングメニューを開始。このまま順調に進めば近くGK用のトレーニングも再開することだろう。ただそれでも復帰までの見込みは6週間となっており、3月19日のウニオン戦、もしくはその後に控える代表戦期間にてドイツ代表で復帰を果たすかもしれない。
 
 ただしレオン・ゴレツカからは、まだこれといった進展は見られていない。12月4日ん行われたドルトムント戦を最後に欠場が続く同選手は、いまだ膝蓋腱炎と痛みの原因が不透明なまま。保存療法による回復を目指し、現在は軽いランニングメニューをこなしているところ。同じく長期離脱中のアルフォンソ・デイヴィースについては、心筋炎のためにまだ大事をとっている段階であり、日曜日の検査の結果を待っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報