ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月03日

ゴレツカが改めて示した、バイエルンでの重要性

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 12月上旬に行われたボルシア・ドルトムントとのドイツ頂上決戦にて負傷、これまで離脱が続いていたレオン・ゴレツカが遂に、4ヶ月ぶりにピッチへと戻ってきた。そしてそこでは中盤の相棒キミヒからの完璧なクロスからヘディングで先制ゴールを奪ってみせたのみならず、これまでバイエルンの中盤で欠如していた必要不可欠な構成要素を提示。守備面では強固でディフェンダーとして、そして攻撃面ではPAへと持ち込むその推進力を披露し、キミヒは本来の戦略家としての役割に集中することができたのだ。

 トレーニングを再開していたころから、「彼はバイエルンにとって非常に好影響をもたらしてくれる選手だ」と実感していたというナーゲルスマン監督は、さらにそういった選手が最大限の貪欲さをもってトレーニングに勤しみ、チーム全体を鼓舞していくことがバイエルンのプレーに「求め得られていることなんだ」と強調。今回の復帰にあたっては「楽しんでくるように」、決して気負わずプレーすることを伝えていたとのことだが、「彼は活力と貪欲さをもたらす、優れたボックストゥボックスの選手である」ことを改めて誇示して見せたのである。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報