ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月08日

「傲慢」「最低」ハマン氏がバイエルン首脳陣を批判

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ディディ・ハマン氏は先週末のフライブルク戦にて起こった、選手交代ミスの顛末でみせた、バイエルン首脳陣の姿勢について「最低だ」と批判。改めてフライブルクが申し立てを行ったことを支持する考えを強調した。かつてそのバイエルンで選手としてプレーし、現在はスカイにて解説者を務める同氏は、SpoxやGoalとのインタビューの中で、「バイエルンの誰も罪の意識をもとうとしない」とコメント。「そもそも彼らによって、誤った背番号が出されてしまったことだというのに」

 試合でバイエルンは、キングスレイ・コマンの交代を試みたものの、バイエルンのチームマネージャーが昨季の背番号29を第4審判員に指示。わずか数十秒のことではあるが、バイエルンの選手が12人ピッチに立っていた。そこで投入されたマルセル・サビッツァについても苦言を呈しており、「何を考えているのか、わからないね。自分がピッチに入るという行為はもちろん、交代する選手がピッチを後にするまでは、決して行わないものなのだから」とハマン氏。

 そして「極め付けはゲルリンガー氏の発言だ。「ドイツスポーツ裁判所がルールに則るなら出される結論は1つと我々は考える。我々の4−1での勝利だよ」これはもはやこの上ない傲慢さだ」と怒りを露わにし、「脆弱なリーダーシップだといえるだろう。私ならミスをしたならそれを認めるべきだと思う。だが今度は(申し立てをした)フライブルクのスポーツマン精神に疑いをかけるなど、最低だよ」と言葉を続けている。
 
 そもそもフライブルクが行った申し立ては、ハマン氏の見方から理解のできるものであり、「フライブルクは確かにその権利を有しているが、申し立てを行う義務もあるんだ」と強調。「これはリーグの威厳に関わる問題であり、ルールに反した者は罰せられなくてはならない。それを判断するのはあくまでスポーツ裁判所。勝ち点まで影響するかは別問題。ただ罰を受けるべき立場にあることは確かだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報