ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月11日

バイエルン、ズーレがビジャレアル戦も欠場。トリッソはこのまま退団も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたFCアウグスブルクとのダービーにて、先発出場が見込まれていたものの急遽欠場していたニクラス・ズーレだが、日曜日にバイエルン・ミュンヘンは同選手が、インフルエンザに感染しているために火曜日に控えるチャンピオンシップ準々決勝、ビジャレアルとのセカンドマッチにおいても不在となることを明らかにした。
 
 ドイツ代表センタバックは現在、インフルエンザに感染しているとのことで、ダヨ・ウパメカノのセンターバックコンビの相方には、前回のビジャレアル戦にて大腿に打撲を受けたものの回復した、同じフランス出身のリュカ・エルナンデスが最有力候補となる。さらにエリック=マキシム・シュポ=モティングはコロナ感染から回復したものの膝に問題を抱えており、膝蓋腱に問題を抱えるブーナ・サールと共に欠場。

 なお再び金損傷を抱えてしまったコランタン・トリッソについては、これから回復までに3〜4週間はかかる見通しとなっており、特にバイエルンとの契約を今シーズンいっぱいまで残しているという状況からも、もしかするとフランス人MFはこのまま、バイエルン・ミュンヘンに静かに別れを告げることになるかもしれない。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報