ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月20日

バイエルン、コマンとエルナンデス復調。トリッソも復帰のチャンス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には宿敵ボルシア・ドルトムントとの直接対決によって、ブンデスリーガ10連覇を相手の眼前で達成することが可能な、バイエルン・ミュンヘン。その一戦に向けたトレーニングでは、このシーズン全休の可能性も指摘されていたコランタン・トリッソの姿も見受けられているところだ。

 筋損傷を抱えていたフランス人MFだが、すでに復調を果たしており前日の火曜の練習から熱心に取り組む様子が確認され、少なくともドルトムント戦、マインツ戦、シュトゥットガルト戦、ヴォルフスブルク戦のどこかで、再びバイエルンのユニフォームを着てプレーすることができるかもしれない。ただし今夏で契約満了を迎えることから、その後は新天地を模索することになるだろうが。

 なお水曜11時より開始された今回の練習では、オマル・リチャーズ、エリック=マキシム・シュポ=モティングらは参加せず、ブーナ・サールは個別調整。また週末のビーレフェルト戦にて軽度の筋肉系の負傷を抱えたリュカ・エルナンデスとキングスレイ・コマンは、前日は個別調整となったがこちらはフルメニュー復帰。そのため特に問題が起こらなければ、週末のドルトムント戦に出場することは可能だろう。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報