ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2022年04月24日

状態の上がらないサネに檄を飛ばす、サリハミジッチSD

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドルトムントとの試合前に行われた記者会見の席でも、ユリアン・ナーゲルスマン監督はここのところ調子が上がらないリロイ・サネについて、「正確にはなぜだかわからない」と語っていた。実際にこの日もベンチスタートとなり、後半81分から投入されたサネの姿は、むしろ昨シーズンの精彩を欠いていた時期を彷彿とさせるものであり、その快速はむしろビールかけから逃れるための試合後に見受けられていたものだ。

 その翌日にサリハミジッチSDも、「なんとも言えないね」とサネの状態について説明し「彼は全てを兼ね備えた非常にポテンシャルの高い選手。非常にスピードがあり、ドリブルが得意で、メンタル面での強さもあるよ。」とコメント。しかしそれはザルツブルク戦での1試合を除き、長きに渡り目にされていない姿でもある。「フィジカル的に緊張感がないところは、私自身は不満だがね。それは責任者として言わないと」

 そう語る同SDは、「いつも我々はポテンシャル、ポテンシャルと繰り返す。それをピッチ上でみたいのだ」と強調。そしてこれまでサネと幾度も話し合いを重ねてきたことも明かしており、「リロイが練習や試合で爆発し、全力を尽くしてプレーする姿を期待している。彼はもう若手選手ではない。一人前の選手。あとはクラブからの期待に、ぜひピッチ上で応える姿を、我々としても目にしたいと思っているところだよ」と更なる奮起を促した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報