ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月07日

ニクラス・ズーレ、今季ホーム最終戦では欠場も

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズン最後のホーム戦に向けた最終調整では、バイエルン・ミュンヘンのユリアン・ナーゲルスマン監督は、ここのところ負傷を抱えていたジョシュア・キミヒ、アルフォンソ・デイヴィース、レオン・ゴレツカらを含む、24人のフィールドプレーヤーを招集することができた。ただし来季ドルトムントに移籍するニクラス・ズーレが、今回の試合で先発出場することはない。

 前節の1.FSVマインツ05戦では、すでにリーグ優勝が確定しているにも関わらずズーレを起用した指揮官は、今シーズンに「非常に良いパフォーマンス」をみせてくれたズーレに、「どの監督もすることではないかもしれないが、我々としては感謝の気持ちを伝えたかった」という。ただクアッシのような若手選手の出場機会に影響するため、今回の試合では「数分プレーする」以上はないと付け加えた。


 一方で前節敗戦後には直後の会見でチームや全体的な部分へ疑問を呈する発言を行っているが、「私は例え良い状況でも変化の衝動に駆られる性格でね。時代の流れに物事を適応させる、うまくいってても成功は期待するのではなく、それを元に適応をさせるもの」と説明。

 「感情的になって余計な事も口にするが、ただチームの負担にはしたくない。マインツ戦は明らかに悪かった」としつつも、「一方で選手たちは特に前半戦で、印象的なサッカーを攻守でみせている」ことも併せて強調している。「残り2試合で、それを示していきたいところだね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報