ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年05月26日

32歳トーマス・ミュラー:好調な前半戦と苦しんだ後半戦。そしてこれから代表戦へ

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 6月に4つの国際マッチが控えているトーマス・ミュラーは、クラブでの最終戦からの休みを利用して、相棒のバスティアン・シュバインシュタイガー氏と共にゴルフに興じており、またネーションズリーグに向け体調を整えるため、ゼーベナー通りにも顔を出していた。

  ミュラーにとって通算11回目となるブンデス優勝を果たすことになる今シーズンでは、クリスマスまでに5ゴール+15アシストと20スコアポイントを獲得。ワールドクラスの輝きを解き放っていたものの、後半戦ではチームと共に苦しみと物足りなさを感じさせることとなり、3ゴール6アシストでフィニッシュ。調子とプレーへの余裕が失われていくことに。特にチャンピオンズリーグでは4ゴール4アシストをマークしていたものの、敗退を喫したビジャ・レアル戦では他の選手と同様に失望を与える結果となっている。

 果たして新シーズンの展望はいかがなものか。19歳の期待の若手ジャマル・ムシアラもまたトップ下でのプレーを好むタイプであり、ナーゲルスマン監督は来シーズンではさらに多くの出場機会を与えたいと考えているところ。ダブルトップ下、もしくはムシアラを少し下げた形での同時起用も考えられるだろう。それは現在参加中のドイツ代表でも同じだ。これからどうベテランの味わいに深みが増していくことになるのか楽しみにしたいところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報