ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月07日

デ・リフト加入なら、パヴァールやウパメカノの立場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マタイス・デ・リフト(22)が加入となった場合、ベンジャマン・パヴァールは2024年まで契約を残しているバイエルン・ミュンヘンから、退団することも想像できるとの報道がなされているところ。ユベントスもナポリのカリドゥ・クリバリの代理人との交渉が、イタリアのメディアによって報じられた。

 そんな中でユリアン・ナーゲルスマン監督は、26歳のフランス代表を引き止めたいと考えており、特に右でフレキシブルに起用可能なDFは重宝であり構想に入っていると説明。では先週に代理人を変更したダヨ・ウパメカノについてはどうか?ただ23歳のフランス人CBについても、バイエルンはわずか1年での売却を考えてはいないようだ。

 その一方でバイエルンでは仏1部レンヌの若手FWマティス・テルに関心を示している。リーグ・アンのトップチームですでに9試合に出場、契約を2024年まで残すフランスU17代表は、バイエルンではトップチーム向けに検討されているはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報