ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月19日

ゴレツカが膝を手術、デ・リフトは火曜から合流予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは月曜午後、米国ツアーに向けて首都ワシントンへと飛びたったが、そこにレオン・ゴレツカの姿は見受けられなかった。27歳のドイツ代表MFは膝の問題に悩まされており、出発前の午前中の練習にも不参加。左膝の手術をすでに受けており、そもそも冬の段階で膝の問題への対応についての議論がなされていた。

 ただこれにより米国ツアーは不参加ということに。そのためバイエルンの重要な準備期間の大半を失うだけでなく、このまま開幕戦も不在という中でシーズンを迎えることになるかもしれない。ちなみにバイエルン側からは特に、ゴレツカの離脱期間に関する情報については明かされることはなかった。
 
 さらにバイエルンでは今回の米国ツアーにおいて、レオン・ゴレツカに加えてブーナ・サール、さらにエリック=マキシム・シュポ=モティングの参加も見合わせており、こちらの両選手はいずれも体調不良に陥っているとのこと。そのため土曜日のチーム発表後の練習にも姿をみせてはいなかった。
 
 一方でマタイス・デ・リフトについては、火曜日の夕方から新チームに合流する予定だ。バイエルンが新たな守備の要としての飛躍を期待する22歳のディフェンダーについては、まずは詰めの部分をクリアにして2027年までの契約にサインする見込み。そして火曜夕方よりワシントンの宿泊地に到着するという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報