ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月05日

久保裕也を起用しなかった理由について、ケルナー監督が説明

1. FCニュルンベルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にKAAヘントからニュルンベルクへと加入し、今季はブンデスリーガで開幕から5試合つづけてほぼフル出場を続けていた久保裕也。しかしながら前節ではベンチ入りするも、最後まで出場機会は巡ってこなかったのだが、その時の判断についてミヒャエル・ケルナー監督が説明を行なった。

 「彼は2試合続けて限界まで力を出し切ってプレーしていた。しかもその前には病気を患っていたにも関わらずだ。それにタフなスケジュールの最中にあったということで、フレッシュな選手を起用したいというところもあったんだよ」

 そしてその判断が功を奏し、ニュルンベルクはその前にドルトムントに0−7と大敗を喫していたものの、フォルトゥナ・デュッセルドルフとの昇格組対決を制して今季2勝目をマークしている。

 ただそれでも日曜日に行われるフランクフルト戦では、もしも久保裕也が起用されなければそれは大きなサプライズだといえるだろう。そこでおそらく先発の座を譲ることになるのはウィンガーのペレイラであり、久保は中でのプレーを得意とはしながらも、前節成功をおさめた4−3−3システムを敢えて変更してくることは考えにくい。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報