ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月02日

アモス・ピーパー「東京五輪の経験を糧に」

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表の一員として東京五輪に参加していた、アモス・ピーパーがアルミニア・ビーレフェルトへと復帰。同僚たちから温かく迎え入れられた。「この大きな経験を糧にしていきたい。そう決意した」と語った同選手は、今回の五輪について改めて「短くもたくさんの五輪での素晴らしい瞬間があった。サッカーの方では成功をおさめられず残念な結果になってしまったけど」と振り返った。

 ブラジル戦ではチーム全体と共に精彩を欠き、サウジ戦では退場処分を受けた。「とても残念だった。もちろんかなり自問自答したし分析もした。決して最年少選手というわけではないけど、でもここから学び区切りをつけたい」との考えを示している。

 一方でビーレフェルトは今季、2人の主将体制を採用し、ピーパーもまた選手評議会メンバーとなった。「この構成はとてもマッチしたものだと思うね」とコメント。移籍市場においては、今夏にU21欧州選手権を制したCBには様々な憶測も流れているが、どうやら選手にとっては問題ではないようだ。むしろ近いうちに、状況が落ち着けば契約延長の話し合いが行われる可能性も十分にあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報