ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2021年11月10日

ボーフム、ボックホルンが復調。ブルームとホルトマンはしばらく離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


VfLボーフムでは昨日月曜日に、鼠蹊部の手術を受けたばかりのゲリット・ホルトマンがしばらく離脱。さらにホッフェンハイム戦に筋肉系の損傷を抱えたダニー・ブルームに関しても、共に復帰戦は11月27日に控えるSCフライブルク戦が見込まれているところだ。

 その一方で水曜日にはテストマッチを行うライス監督だが、ロベルト・テシェについてもこの試合はまだ時期尚早だろう。同じく筋肉系の問題で離脱が続くマキシム・ライチュも同様で、開幕からいまだ離脱が続き部分的なチーム練習参加にとどまっていることから「プレーへのリスクは高すぎる」という。

 ただ先日の試合で内転筋に筋損傷を抱えたヘルベルト・ボックホルンについてはチーム練習へと復帰済み、少なくともハーフタイムはプレー可能な状態にあるようだ。しかしながらミヒャエル・エッサーは肩の不調により、練習を途中で切り上げる様子が見受けられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報